気持ちが変われば、世界の見え方も変わる。

そんな作品でした。

 

 

 

 

 

~あらすじ~

樋渡(ひわたり)あおは突然降りかかった脳の病気で、入院するものの

手術によって一命を取り留める。

しかし全快には至らず、手術以前の記憶を失ってしまった。

日常生活に支障は無いものの、大切な親友や母親とぎこちない関係に苦しむ日々。

そんなある日、ふと思い立って登った景色の良い場所で

どこか不思議な少年、颯(そう)と出会う。

颯との出会いをきっかけに、あおの生き方は

少しずつ変わり始める。

 

 

 

 

 

というような内容です。

荒削りなところも多いですが、親友や母親との

関係性を修復したり、新しくスタートするために

あおが勇気を振り絞って、一歩踏み出す様は

見ていて感動を覚えました。

また、出てくる登場人物は全員いい人です。

母親。

親友である小雪。

颯。

全員があおのために尽くしてくれます。

あおが記憶を失う前の描写はそれほど多くありませんが、

彼女が明るく周りを暖かくしていたことはうかがえますね。

ただ、全員いい人過ぎて

リアリティを求める人や、人間の暗い部分が好き、

という人にはおすすめできない作品です。

優しい世界で、優しい物語を読みたい

という人にはうってつけでしょう。

 

 

 

そのときの気持ちで、世界や景色の見え方が違う。

希望を持っていれば、世界は明るく綺麗に見える。

だから、どんなときも希望を捨てずに世界を見よう。

そんなメッセージを受け取りました。

昨今、流行している病気のせいで、

どうも日本全体及び、世界全体がギスギスしているように感じますね。

あなたの周りを暖かくするのも、ギスギスした冷たい世界にするのも

あなたの気持ち次第です。

不機嫌は最大の罪である、そんな格言もあります。

どうせなら、機嫌良く世界を明るいものにしたいですね。

 

 

 

この作品で、一番好きなのは親友の小雪です。

親友っていいですね。

私も親友ほしいです。

記憶を失った親友に、寄り添い続ける。

こんなこと、普通はできませんね。

 

 

 

気になった点としては、

あおの父親が影も形も出てこないんですよね。

離婚したとか一切情報が出てこず、何か伏線かと思いきや

そういうのは一切ありませんでした。

 

 

 

気になった点も書きましたし、荒削りという表現もしましたが、

なかなか楽しめましたし、感動もしました。

世界の見え方ということを書きましたが、

世界には周りの人間関係も含まれます。

あなたの気の持ちようで、いい人にも悪い人にもなります。

だったら、周りの人との関係性を見直し、

他人のいいところを見つめたいですね。

この小説が大好きだけど、

多分その記憶もどんどん薄れて行ってしまうと思います。

 

 

 

 

住野よるさんは、こんな小説も書けるのか。

そのように驚きました。

作者初の長編恋愛小説と大々的に宣伝されていました。

その謳い文句に違わず、どこまでも純粋な恋愛が

描かれているように感じました。

正直、ノイズとか二人の世界観についての

考察はあまりしたくありませんし、

他人が書いた考察も読みたいとはあまり思いません。

どうすれば、この小説の良さを伝えられるだろうか。

そんなことに力を注ぎたいですね。

 

 

 

そもそも、目と爪しか見えない相手を愛せるか?

そのような問題もありましたが、この小説は

それを軽く飛び越えてしきました。

見た目がわからないのに、愛を育んでいく二人は

どこか愛おしく感じましたね。

 

 

 

誰も望まないアンコール

初恋は実らない。

よく言われることです。

実るって何でしょうね?

どうなったら、実るってことなんでしょうね?

結婚したら実ったことになるのでしょうか?

生涯添い遂げたら、実ったことになるのでしょうか?

私にはわかりません。

初恋が実らないと言われる原因は、

初恋はその字の通り、初めてであるから

恋愛経験が浅く、様々な壁に対する対処が

わからないがゆえに、失敗や失恋で終わってしまう。

そのように思いました。

  

 

初恋は結局、チカを傷つけて終わってしまいました。

その初恋をずっと引きずって、生きていきます。

忘れられない恋愛というのは、多くの人にあると思います。

忘れなくていい。

新しい感情に名前を付けて、少しずつ

前に進んでいけば良い。

最後まで読んで、住野よるさんからの

そんな温かなメッセージを感じました。

 

 

 

君の膵臓をたべたい。

衝撃的なタイトルと、それに相反するような

爽やかな青春ストーリーで一躍時の人になった住野よるさん。

彼の小説を読んで、気持ちを揺さぶられた人も多いと思います。

私も麦三歩シリーズ以外は読みました。

青春小説を多く書いていますね。

私には青春なんてありませんでした。

だからこそ、青春を摂取するために

こういった小説を読むのです。

忘れ物を取りに行く感覚ですね。

 

 

 

既に書きましたが、この小説のトリックや、明かされていない点は

暴きたくないです。

二人の閉じた世界を大事にしたいです。

誰も望まないアンコール編に入るまで、

二人の恋愛にはあまり他人は介入してきませんでした。

二人だけで育てていく愛を

見守っていくのが楽しかったです。

人によってはバッドエンドだと感じる方もいるかもしれません。

結ばれなかったから、実らなかったから。

ですが、忘れられない恋愛になったということは、

なにものにも代えがたい、豊かな経験だと思います。

タイトルに惹かれて読んでみました。

序盤は読んでいて、

あまりピンと来なかったのですが、

読んでいく内に

これは大切なことが

書かれている本だ

と思いました。

 

起きる出来事は、解釈の仕方次第で

どうとでも形が変わります。

悪い出来事も良い出来事も

その人が解釈して意味づけ

しているだけです。

この本には何をすればいい

と具体的な解決方法は

書いてありません。

ただ、考え方が書いてあるだけです。

それでも、カウンセリングを

受けているかのような感覚になりました。

あなたの人生を良くするのも

悪くするのも、あなたの捉え方次第です。

ネットでおすすめされていたので

読んでみました。

読んでみて、かなり優しく

わかりやすく書かれているな

と思いました。

お金や経済の本って、結構難しいものが

多かったり、優しく書いてあるけど

ずれているような内容のものも

多いのですが、これは読みやすく

勉強になりました。

クレジットカードを持っていないので

作ろうかと思っていましたがやめます。

曰く、クレジットカードも

借金のようなもの、だそうです。

タイトルに

「命より重いお金」と書いてありますが

命が一番大事だと

言い切ってくれたのは嬉しかったです。

お金が原因で死ぬなんて

馬鹿げてます。

あってはいけません。

ですが、自分を守るのも

自分の責任です。

ぜひ、こういった本で

自分を守る為の知識を

身につけたいですね。

集中できないな、と思うことが

多々あるので読んでみました。

読んでみると、かなり

具体的にやり方が書いてありました。

全て今から実践できるわけでは

ありませんが、どれも

実践できそうだと思いました。

集中には水色の小物などがいい

ということは、以前テレビで

言っていた記憶があります。

1時間に一回程度水を

飲んだ方がいいというのは

知りませんでした。

夏の熱中症予防以外にも

合理的な理由があったようです。

他にも、生活リズムを見直したり

集中力を高めるだけでなく

健康にも良さそうでした。

話し方やコミュニケーションには

長年悩んでいるので

読んでみました。

読んだ感想としては

真新しいことは

書いてないな

という印象でした。

相手の立場に立つ。

よく聞く。

相手に話させる。

否定はしない。

など、今まで言われてきたことが

書いてあります。

真新しいことが書いてないということは、

コミュニケーションは時代が変わっても

本質は変わらないということでしょう。

話し方の基本は相手のことを

よく考える。

つまり、とことん思いやる

ということだと思いました。

キンドルアンリミテッドで

無料だったので

読んでみました。

自分を見つめ直す

いいきっかけになりそうです。

冒頭から、好きなこと

やりたいことに対する

勘違いや間違いを指摘していて

目から鱗でしたね。

例えば

「やりたいことは

仕事にならなくてもOK」とか

「やりたいことは

一生続けられなくてもいい」とかですね。

また、そもそも好きなことや

やりたいことが全然

見つからない人の為に

見つけ方を詳しく具体的に

書いてあったので

良かったです。

人生に迷っている方は

ぜひ、読んでみてください。

常識的とは言いがたい内容です。

だからこそ、支持されるのかなと思いました。

図書館にあったので、借りてきて読みました。

とりあえず、一章だけ読みましたが

買ってちゃんと読むべき

だと思いました。

難病の子供を取り巻く環境は

とても厳しいものであり、

病気との闘いは

すごく苦しいです。

治らない病気でも

苦しい治療をし続け

なければなりません。

また、医師や周りの大人は

治療を続けさせる為に

治らない病気でも「治る」「頑張れ」

と嘘を言って励まします。

そして、最期

子供は

「なんで治らないのに『治る』って

 嘘をついて苦しませたんだ!」

と、周りの大人を恨みながら

亡くなっていきます。

なんだか、非常にやるせなさを

感じました。

また、患者である子供だけでなく

健康な兄弟姉妹がいる場合

健康な方は放っておかれて

愛情飢餓に陥ることもあります。

それをきっかけに家庭が崩壊

してしまうことも……。

 

 

 

 

 

 

ですが、こうした環境は

変わりつつあります。

そのあたりは、

じっくりこれから読みたいと思います。

文章術は以前から興味があったので

読んでみました。

興味深く読めました。

内容は具体的で

どれもすぐに使えそうなもの

ばかりでした。

小説などの美文を

目的とはしていないので

そこは注意が必要です。

 

 

 

 

 

これを読んでいるあなた

文章が上手くなりたい

思ったことがあるはずです。

スマホが台頭しても

また、AIが現れても

人が文章を書くことは

なくなりません。

人を動かすのは感情です。

機械に人の感情を

動かす文章が書けるようになるのは

まだまだ先の話です。

文章を書く力は

きっとあなたの強い武器に

なってくれます。

人を操る」とタイトルに

入っているので、怪しい感じがするかもしれません。

しかし、読んだひとにはわかるのですが

相手に寄り添って、信頼される

文章を書く力を身につけることに

重きを置いています。

読んでみてくださいね。

本屋にあった本なのですが、

タイトルに引っ張られて

思わず買いました。

内容は25人の方々の死や自殺に関する

10代へのメッセージです。

まあ、響くものもあれば

「何言ってんだこいつ」

と思うものもありました。

「自分でどうしようもないくらい死にたくなったら、

誰かに助けを求めてください」

「あなたを必要とする人はたくさんいます。

どうか死なないでください」

って書いてる人もいましたが、

このメッセージは正直嫌いです。

他にも

「自分を想ってくれる人は必ずいる」

「自分の身体は自分の意思とは関係なく

動いているので(心臓とか)、自分だけのものではない」

とか書いている人もいましたが

綺麗事のように感じました。

真剣に死にたい人向けの

メッセージとしては

どうかと思いました。

一方で

目が覚めるような良いメッセージもあり

読む価値はあると思います。

 

 

 

 

 

私も死にたいと考えることが

しょっちゅうあります。

ですが、今まで死なずに生きて来られました。

正直、積極的に生きたいとは思ってません。

今死んでもいいかな、と思っています。

ですが、自殺は苦しそうなので

やめておきます。

あと、親の言うことは聞かなくていいです。

 

 

 

 

 

一番強いなと思ったのは

春名風花さんの文章です。