ノベコレリンク

あらすじ

吉乃と穂高、二人がお互いの

関係性や愛について

語り合う。

グラシアスさんは精力的に

活動されていて、

この作品は特に読みたいと

思っていたので、

読みました。

なんだか、読んでいて

泣きそうになりました。

吉乃も穂高も(戸籍上の)性別は

多分、男性なのでしょう。

そして二人は付き合っています。

セックスもしたのでしょう。

世間ではゲイに分類されます。

そして二人はお互いに、この関係性や

自分の性的指向など、性に

関することで悩んでいます。

最終的には穂高は「吉乃という人間」が好き。

吉乃は「穂高という人間」が好き。

というところに着地します。

上で書きましたが、

泣きそうになったのは

二人が悩みながらも、お互いを

大切に思っていて

自分たちの生き方や「好き」という

気持ちを自分たちで決めたことに

感動を覚えたのです。

性に関することは、デリケートです。

だというのに、無遠慮に

踏み込んできて

他人を勝手に型にはめたり、

型から外れている人や

型にはまろうとしない人を

ののしる人もいます。

いつしか、型というもの自体が

なくなれば

生きやすい人も増えるように思いました。

ハッピーエンドに殺されない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA