ひとりぼっちの勇者たち (スターツ出版文庫)

あらすじ

クラスメイトの鈴木陽太と

山田月子は、共にいじめられっ子。

ある日二人は、屋上でぶつかり

入れ替わってしまう。

現実離れした現象に戸惑いつつも、

二人は協力していく。

いじめっ子に立ち向かうシーンが、

すごく熱かったです。

しかし解決の方法としては、

強引なものがありました。

もう少し、何か方法が

あったのではないかと思いました。

入れ替わって、相手の本音や

傷に気付くというのは上手だと思いました。

陽太も月子も、自分の痛みや

傷には鈍感です。

だからこそ、誰か別の人の感覚が

入ることで世界が広まったと思います。

いじめられていると、視野が

狭くなってしまいがちで、

周りに気を配る余裕がありません。

この物語では、いじめられっ子にも

周りに大切な人がいる、

ということを伝えたいのだと

思います。

そして、自分で手を伸ばすことの

大切さも、訴えているように思います。

ひとりぼっちの勇者たち (スターツ出版文庫)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA